デジタル一眼ライフ TOP > デジタル一眼の敷居

デジタル一眼レフの敷居

デジタル一眼レフ

デジタル一眼レフ初心者が素人丸出しで書いた(苦笑)デジタル一眼レフについてお教えしましょう。
購入しようか迷ってる方の背中を突き飛ばして後押ししてあわよくば仲間に、と思います。

思っていました・・・と言う事は、実際は違ったと言うことです。 では、購入前と購入後で感じた事を私なりにまとめてみました。

デジタル一眼レフは値段が高い

確かに高級(=高性能)機は高いのですが、入門機は低価格化が進みレンズ付きで7万、ボディのみで5万円程度(別途レンズが必要)と高性能なコンパクトデジカメといい勝負です。
しかし、デジタル一眼レフが描写するその画はそれらとは全然レベルが違うものだと思います。

同じ画素数(例:600万画素)でもなんでこんなに違うの?と思うかもしれませんが、その違いはズバリ!

  • イメージセンサ(CMOS、CCDなどと言われるやつです)の大きさの違い
  • 合焦速度(ピントが合うまでの速度)、連射枚数の違い
  • 長時間露出&高感度(ISO感度)でのノイズの乗り
  • 起動が早い
  • 設定の豊富さ(ISO感度、シャッター速度、絞り、撮影時間など)

ですね、コンパクトデジカメとデジ一のCCDの面積の差は約8倍です、全然違いますね。
同じ画素数でもイメージセンサの大きさによって(特に細部の)解像度が大分違ってきます。

それとコンパクトデジカメでイザ!と言う時に起動や合焦が遅くてシャッターチャンスを逃すことありますよね。 移動する被写体にピントが合わなくて、合って撮ったつもりでもピンぼけしててイライラする時あります。 はっきり言ってレスポンスの違いは雲泥の差です(断言!)

おまけに連射も早く一度に撮影出来る枚数も多いです、ストレス無く撮影出来ます。
それと直接的な違いはありませんが、レンズ交換によって様々な画角を得られるメリットもあります。

デジタル一眼は大きくて重い

コンパクトデジカメとデジタル一眼レフ

コンパクトデジカメとデジタル一眼レフの大きさを比較した写真、一目瞭然ですね。
デジタル一眼レフは入門機だとレンズやバッテリ付きで600~700gでしょうか、コンデジは300g以下なので2個分くらいの重さですね。
それより問題は大きさ、コンデジはポケットに入れて持ち歩けますが、デジタル一眼レフは当然入らないので首(肩)からぶら下げてます。

あまりに重いと機動性に劣るので、初心者には1kgくらいが一つのボーダーラインになるかもしれません(それでもかさばるので常時と言うわけにはいきませんが)

デジタル一眼レフは機能が多く設定が難しくて使いこなせ無そう

今のデジ一(特に入門機)は殆どの機種でAUTOモードとシーンに合わせたモードが付いてます。 写真はNikon D50(写真左)と同社COOLPIX3100のモードセレクトダイヤルの写真です、殆ど同じですね。
Nikon D50のモードダイヤル Nikon Coolpix3100のモードダイヤル

コンパクトデジカメと同じで被写体をフレームに収めてシャッターを半押しして、ピントを合わせシャッター切るだけです。 他にも特定の撮影(人物、風景、スポーツ、マクロなど)に特化したモードもあります。 状況に分けて使いこなすだけでも綺麗な写真が撮影できます。

従来のコンパクトデジカメと機能的に大して変わらず、何も難しい事はありません。
使いこなす事によってコンパクトデジカメとは異次元の違う画を吐き出してくれます。 一般的には敷居が高いと思われている一眼レフですが、使ってみる全く分からない初心者でも簡単に扱え、 早い起動、合焦、連射など、どちらかと言うと初心者向けなのではないかと思います。

一眼レフは難しい、大変だと言うイメージ=敷居は、使った事のないユーザー側が勝手に作ったものと 言い切ってしまって間違いないでしょう(私自身も勘違いしてたし、周囲でも勘違いしてる人がちらほらと)
迷ってる方はとりあえず踏み込んでみてください、やる気さえあればきっと後悔はしないはずです。

デジタル一眼レフって何?

デジタル一眼レフを買おう

はじめて~初心者向け

カメラ基礎知識

デジタル一眼レフよもやま

一眼レフ用レンズ関連

Canon EOS 40D関連

ブログのインプレッション記事に飛びます。

EOS 40Dインプレ

Finepix S5Pro関連

ブログのインプレッション記事に飛びます(簡単なインプレッション記事です)

Finepix S5Proインプレ

被写体の撮影手法

デジタル一眼レフ雑学

アンケート結果

その他