デジタル一眼ライフ TOP > カメラに慣れよう

カメラに慣れよう

デジタル一眼レフ デジタル一眼レフを買ってまずはじめにやること、それはカメラに慣れる事です。
せっかく買ったカメラなのですから、室内撮りや何気ないその辺の被写体を撮ってガンガン使いまくって楽しみましょう!

撮っては消して撮っては消して~の繰り返し、いきなりいい写真を撮ろうとはせずカメラに慣れることを最初の目標としましょう。 使えば使うほど馴染んでくるはずです。

カメラも他のデジタル家電と同様説明書を読むより慣れろ、習うより慣れろ!
これが基本です。

まずはAUTOモード+AFから

AUTOモード
AUTOモード
AUTOモード
AFとMFの切り替え

デジタル一眼には色々とモードがありますが焦る事はありません。先ずはAUTOモードでどんどん写真を撮りましょう。
最近のカメラのAUTOモードは非常に賢く、被写体や状況によって適したモード(AFモードや絞り値、シャッタースピードなど、この辺は後々覚えればOKです)を設定してくれます。
つまりある程度の事はカメラ任せでOKということですね!

ピントを合わせるのもAFでOKです。
ただ注意しなくてはならないのは、コンパクトデジカメと違いデジタル一眼レフのAFはAFエリアと呼ばれる部位でしかピントを合わせる事が出来ません。

またAFモードも撮影状況に応じて自動で選択してくれますので、あまり気にしなくてもOKです。

※AFエリア、AFモードについてはオートフォーカスとはをご参照ください。

やたらゴッツイけどコンパクトデジカメと大差無いですね、これならとりあえず使う分には困らない事が分かりました。

背面のボタンとメニューに慣れよう

デジタル一眼は背面にたくさんのボタンがあります、こちらも操作しつつ慣れてしまいましょう。
適当にポチポチやってても先ずこわれないので安心してください(笑)
入門機の場合、1つのボタンに2つの機能が割り当てられている事が多いです、慣れるまでは大変かも?でも慣れてしまえば問題ないです。
デジタル一眼レフの背面(Nikon D50) デジタル一眼レフのメニュー(Nikon D50)
Nikonのアイコンは視覚的に分かりやすいのでGood!です。
Canonは文字で書いてあります、この辺にメーカーの思想の差が出ますね

ユーザーフレンドリーなNikonのデジタル一眼レフ
?ボタンを押すことで説明が表示される(Nikon D50) Nikonのデジタル一眼レフ(D50以降)は背面に?ボタンがついていて、メニューや撮影モード選択中にボタンを押すと説明が表示されます(左写真参照)

はじめてデジタル一眼レフを買う人にとっては心強い機能であること間違いなし!です。 私もはじめの頃はかなり助けられましたよ。

そういう意味では入門機はNikon?

デジタル一眼レフって何?

デジタル一眼レフを買おう

はじめて~初心者向け

カメラ基礎知識

デジタル一眼レフよもやま

一眼レフ用レンズ関連

Canon EOS 40D関連

ブログのインプレッション記事に飛びます。

EOS 40Dインプレ

Finepix S5Pro関連

ブログのインプレッション記事に飛びます(簡単なインプレッション記事です)

Finepix S5Proインプレ

被写体の撮影手法

デジタル一眼レフ雑学

アンケート結果

その他