デジタル一眼ライフ TOP > カメラ操作に慣れてきたら

カメラ操作に慣れてきたら

ある程度カメラの操作に慣れてきたら、AUTOモードだけでなく撮影シーンに応じたシーンモードを使ってみましょう。
少しづつ設定を変えることでカメラを操作するくせが付き知識が身につきます。
いつの間にか意識しなくてもある程度使いこなせるようになってるはずです(あくまで筈・・・)

まずはAUTOモードを卒業しよう

AUTOは被写体に応じて自動的に対応してくれますが、やはり餅は餅屋です(謎) それぞれのシチュエーションに特化したモードで撮影した方がキレイに撮れるはずです(憶測)

デジタル一眼レフのダイヤル(Nikon D50) 撮影する状況に応じて風景、スポーツ、クローズアップ、ポートレートに切り換えましょう。 シャッタースピードやF値、仕上がり設定、フラッシュの有無、AFエリア設定などがそれぞれのシチュエーションにあった設定になっています。

コンパクトデジカメと違いクローズアップモードにしても、最短撮影距離が変化するわけではないので注意しましょう。

まずはただ撮るだけでなく、意識して撮るくせを付けましょう。
慣れるとAEモードばっかりで逆にあまり意識しなくなってしまいますが(^^;

次はAEモードを使ってみよう

撮影シチュエーションごとにモードを切り替える癖が付いてきたら次はAE撮影モードに挑戦してみましょう。 こちらはちょっと設定する項目がありカメラ任せというわけには行きませんが、さほど難しくないです。 それと”考えて撮ってる”気分にさせてくれます(笑)
※Mモード(マニュアルモード)の設定は割愛します。

デジタル一眼レフのダイヤル(Nikon D50) 殆どの(と言うか全部?)のデジタル一眼レフにはP、A、Sの3つのモードがあり、それぞれ プログラムAEモード、絞り優先AEモード、シャッタースピード優先AEモードとなっています。
AEというのはAUTO EXPOSUREの略で自動露出の事です。

PモードはAUTOほどではないけどカメラ任せ、WBやISO感度などが設定可能。 Aモードは主に被写界深度(ピントが合ってる範囲)を自分で調整したい時に使います。 Sモードは一瞬を切り抜いたり、スピード感を演出したい時に使います。

これらのモードは自分で設定出来る(する必要がある)絞り(F値)、シャッター速度、ISO感度が絡んでくるのでそれらについてもある程度勉強しておいた方がいいです。

AEモードでは露出補正をしよう

デジタル一眼レフの露出補正ボタン(Nikon D50) カメラの反射式露出計は被写体によっては適正な露出を得られません。
そこで露出補正を行う必要があります。

また、自分の感性で明るくしたり暗くしたりする場合も露出補正を行います。

露出補正については露出補正の項をご覧下さい。

マニュアルモードにも挑戦!

普段はあまり使う事のない(かもしれない)マニュアルモード
時間のあるときでいいので使ってみましょう。

デジタル一眼レフのダイヤル(Nikon D50) マニュアルモードはシャッタースピードとISO感度、絞りを自分で決定するモードです。
じっくりゆっくり露出を追い込んで行きたい場合

私は星の撮影とかレースなどの露出を固定したい場合しか使いません。

ここまで出来るようになればカメラの操作はある程度OKです、あとは場数を踏むのみ!
慣れてくると殆ど絞り優先AEモード(Aモード)、たまにMモードかSモードって感じです。

デジタル一眼レフって何?

デジタル一眼レフを買おう

はじめて~初心者向け

カメラ基礎知識

デジタル一眼レフよもやま

一眼レフ用レンズ関連

Canon EOS 40D関連

ブログのインプレッション記事に飛びます。

EOS 40Dインプレ

Finepix S5Pro関連

ブログのインプレッション記事に飛びます(簡単なインプレッション記事です)

Finepix S5Proインプレ

被写体の撮影手法

デジタル一眼レフ雑学

アンケート結果

その他