露出補正

露出補正はカメラ本体が測光で決めた露出値(=光の量)を意図的に増減する事です。
適正な露出が得られない場合や、ハイキー・ローキーなどの写真の演出の際に使用します。

測光については測光の項を、露出については露出の項をご覧下さい。

なぜ露出補正が必要か

カメラの内蔵露出計は18%グレー(黒より若干明るい程度の灰色)を基準に適正露出が得られるよう設定されているので、反射率100%を白とすれば白いものは暗く、逆に反射率の低い黒は白っぽく写りやすいです。

そのため、構図内に白が多い時は+補正、逆に黒が多い時は-補正する必要があります。

実際の例

先ずは白の例、左のが露出補正なしで右が露出補正ありです。
露出補正なし 露出補正あり(+1EV)
例えば構図内に白が多い場合、露出補正なしだと左のように暗めに写ってしまいます。
そこで露出補正を+側にかけることで右の写真のように見た目に近い感じに写ります(この作例では+1EVしています)

続いて黒の例、左が露出補正なしで右が露出補正ありです。
露出補正なし 露出補正あり(-1EV)
逆に構図内に黒が多い場合、露出補正なしだと左のように明るめに写ってしまいます。
そこで露出補正を-側にかけることで右の写真のように見た目に近い感じに写ります(この作例では-1EVしています)

A、Sモードの露出補正によるパラメータの変化

絞り優先AEモード(Aモード)の場合、露出補正量に応じてシャッタースピードが変化する。
+補正した場合 → シャッタースピードが遅くなる = 光が当たる時間が長くなる
-補正した場合 → シャッタースピードが速くなる = 光が当たる時間が短くなる

※補正量によってカメラの最高シャッタースピードより速くなってしまう場合はHiの表示、1/30秒より遅くなってしまう場合はLoの表示となります。それ以上の露出補正は出来ませんので、ISO感度を増減する必要があります。

シャッタースピード優先AEモード(Sモード)の場合、露出補正量に応じて絞り値が変化する。
+補正した場合 → 絞りが開く = 光が当たる量が多くなる
-補正した場合 → 絞りを絞る = 光が当たる量が少なくなる

※+側に補正する場合最大でレンズの開放F値まで、-側に補正する場合はレンズの最小絞り値までとなります。

デジタル一眼レフって何?

デジタル一眼レフを買おう

はじめて~初心者向け

カメラ基礎知識

デジタル一眼レフよもやま

一眼レフ用レンズ関連

Canon EOS 40D関連

ブログのインプレッション記事に飛びます。

EOS 40Dインプレ

Finepix S5Pro関連

ブログのインプレッション記事に飛びます(簡単なインプレッション記事です)

Finepix S5Proインプレ

被写体の撮影手法

デジタル一眼レフ雑学

アンケート結果

その他