デジタル一眼ライフ TOP > あると便利な機材

あると便利な機材

撮影の際に必須ではないけどあると便利な機材について紹介します。
無いからと言って撮影できないわけではありません。

三脚

言うまでもなくまずは三脚です。
必須じゃないの?と言う方もいますが、フットワークが鈍くなりますし必ずしも必要というわけではありません。

三脚
三脚 SLIK グランドマスター

デジタル一眼レフを載せる場合、三脚もそこそこ頑丈なものが必要です。耐荷重2kg以上のものを選択すると良いでしょう。
高価なカメラを載せるものですから安い三脚は控えましょう。

写真はSLIKのグランドマスター、アルミ製で約4kgと重いのですが風が吹いても揺れないので安心してカメラを載せられます。

三脚選びのポイントは足の段数と太さ、それと素材です。 段数が多くなればなるほど足は細くなり安定感が落ちます、それと素材ですがカーボンは軽くて持ち運びは楽なもののカメラを載せた場合の重心が高くなりがちです。そのためストーンバック(石を入れるバッグ)を併用する場合があります。

写真好きはカメラライフの中で三脚を3回変えるとか変えないとか・・・
私は殆ど三脚を使わない&移動は基本的に車なのでグランドマスターで満足してます。

ミニ三脚

ミニ三脚
小さい三脚、ミニ三脚です。
主に室内での物撮りに使います。

ミニ三脚

値段は2500円くらいだったと思います、HP用に室内で撮影する際には重宝しています。

水準器

水準器 カメラの前後方向、左右方向の水平を見るためのパーツです、カメラのホットシューに取り付けます。
中に水と気泡が入っており、気泡の位置でカメラの傾きを知る事が出来ます、水平が重要な風景撮影の際に重宝します。

ちなみに私は持ってないです。

カメラバッグ

カメラバッグ いずれレンズを買い足すのであればいきなりカメラバックを購入してしまうのも1つの手です、レンズが増えてくるとカメラのソフトケースを使わなくなるので最初からこっちを買っておいたほうが結果的にお金もかかりません。

私は最初肩掛けタイプを使っていたのですが、片方の肩にばかり負担がかかり重くてしんどかったので今はリュックタイプを使用しています。

写真はLoweproのマイクロトレッカー200(実売10000円程度)
生地の厚さは1.5~2cmくらい、外部からの衝撃に強そうだし型崩れせず安心感もバッチリ!持参するレンズの構成によって内部の仕切り坂の配置を換えています。

フォトストレージ

フォトストレージ 記録メディアのデータをコピーしておける携帯型HDDです。中~長期の旅行や大量に撮影する際に1台あると便利です。

コピー中は記録メディアが使用できないので、記録メディアがもう1枚必要になります。と、なるとそこそこの容量に・・・

買ってはみたものの使用頻度0です・・・

予備バッテリー

一度に大量に撮影する場合は予備が有った方がいいかもしれません。
数日に分けて撮影する場合は都度充電すれば大丈夫です、私は旅行には充電器を持ち歩いてます。

デジタル一眼レフって何?

デジタル一眼レフを買おう

はじめて~初心者向け

カメラ基礎知識

デジタル一眼レフよもやま

一眼レフ用レンズ関連

Canon EOS 40D関連

ブログのインプレッション記事に飛びます。

EOS 40Dインプレ

Finepix S5Pro関連

ブログのインプレッション記事に飛びます(簡単なインプレッション記事です)

Finepix S5Proインプレ

被写体の撮影手法

デジタル一眼レフ雑学

アンケート結果

その他